徹底した食事管理

ライザップの食事管理

ビフォーアフター

糖質制限

痩せるポイントは食事です。ライザップでの食事指導は糖質制限になります。口コミなどでもこの糖質制限というワードが数多く掲載されているのです。糖質を摂取することで血糖値が上昇し、その結果インスリンが分泌されます。インスリンには体脂肪の合成を促進させたり、体脂肪の分解を抑制する効果があるため、結果太ってしまいます。そのインスリンの分泌を抑えるために糖質制限が必要なのです。

タンパク質をしっかり摂取する

ライザップでは、筋肉量をそのままに脂肪を落とすダイエットとなります。そのため、肉や魚、卵や大豆に含まれるタンパク質は積極的に摂る必要があります。タンパク質をとらないと、筋肉量が減って基礎代謝が下がってしまい、エネルギーを蓄えようとしてしまうため、痩せにくい体となってしまうのです。

間食はOK

ライザップでは間食はOKとされていますが、間食の際に食べてよいものはチーズやナッツなどと決まっています。間食が大丈夫である理由は、空腹の状態が続いてしまうと筋肉が分解されるためなのです。そのため、3食の他にも間食として食事をしても大丈夫なのです。

食事のボリューム(昼>朝>夜)

人間の体というものは、昼は活動モードで夜は休息モードに切り替わります。食事のボリュームはそれに合わせて取る必要があります。基本的には、活動モードである昼に摂取量を一番多くとり、夜は食事の中でも一番少ないように抑える必要があります。夜21時以降は食べないようにするのもポイントです。食事をする際には、腹八分目を心がけることが大切と言われています。

広告募集中